山﨑亮汰

Ryota Yamazaki, piano solo

1998年福島県郡山市生まれ。
小学2年からピアノを始める。

2014年、第38回ピティナ・ピアノコンペティションにて、史上最年少タイの15歳で特級グランプリに輝く。
併せて聴衆賞、文部科学大臣賞、東京シティ・フィル賞、王子ホール賞、読売新聞社賞を受賞。
2012年、ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクール(アメリカ・ソルトレイクシティ)ジュニア部門において日本人初の優勝を果たし、翌年6月、アメリカでの褒賞演奏会に出演。
2013年、第6回福田靖子賞選考会福田靖子賞(第1位)。
2016年クーパー国際コンクール(アメリカ・クリーヴランド)ピアノ部門で日本人初優勝

これまでに、岩村力指揮日本フィルハーモニー管弦楽団、大井剛史指揮東京シティフィルハーモニー管弦楽団、ヤックヤ・リン指揮クリーヴランド管弦楽団等と協演。

2016年 ザ・シンフォニーホール(大阪)へデビュー  
2017年は、モンテカルロ・ハワイ・ジュネーヴなど国内外で演奏会に出演予定。

7歳より山本真希氏に、現在、二宮裕子氏に師事。福島県立安積黎明高等学校3年在学中。
2015年度ヤマハ音楽奨学支援制度奨学生。

国際的な若手ピアニストとして将来が大いに期待されている高校3年生。